押す・引く

省エネ対策をしたいのですが、ステッピングモータの消費電力を下げる方法(省電力)はありますか?

2022年6月28日 火曜日

 

エンコーダ付きステッピングモータ(ST-Servoシリーズ)では、負荷状態により最適に電流を制御しているためモータの発熱が少ない為、消費電力が少なく省電力で省エネです。

従来の制御と比べて消費電力が(当社比)75%減となります。

 

 

ST-Servoシリーズを使用して頂くことによって、省エネ・省電力対策が可能になります。

 

ステッピングモータ低発熱

ACモータ(トルクモータ)とST-servoでロープを引っ張り合い、釣り合う付近で停止させ、30分程度放置。両モータの温度・消費電力を測定

 

 

ST-Servoシリーズ

ST-Servo
SPL

ST-Servo SPL

パルス列、RS485シリアル通信
自動プログラム運転

ST-Servo
CMB

ST-Servo CMB

RS485シリアル通信
自動プログラム運転

ST-Servo
BSL

ST-Servo BSL

パルス列、USB通信
自動プログラム運転

ばね圧力制御はアナログなので、詳細な設定ができない・再現性も悪いのでモータを使用して電動化したい。

2019年12月4日 水曜日

 

ばね圧力制御のデメリットとしては、

  • 詳細な設定ができない(原点の設定するのが難しい等)
  • 再現性が悪く、設備間でバラツキがでる
  • メンテナンス性も多少悪い

が一般的に言われています。

デジタル制御であるモータ電動化によるメリットは、

  • 定格トルク100%に対して、0.1刻みの設定ができる
  • 詳細な設定が可能なので、再現性も高くなる
  • モータの電流値でトルクを制御している精度高く制御できる
  • パラメータで設定値を一括管理できる

上記の通りです。

押し当て制御

ヒータの上下動を、エアー制御からモータ電動化した事例。

 

トルル制限押し当て制御

「押し当て(トルク制限)制御:位置モード」は、モーターに流す電流を制限することで、モーターの発生トルクを一定以下に制限する「リミット機能」のことです。設定位置に動作させる時に使用されます。その時、設定トルク以下に制限されるので、設定を超えてトルクがかかることはありません。

 

 

ST-Servoシリーズ

ST-Servo
SPL

ST-Servo SPL

パルス列、RS485シリアル通信
自動プログラム運転

ST-Servo
CMB

ST-Servo CMB

RS485シリアル通信
自動プログラム運転

ST-Servo
BSL

ST-Servo BSL

パルス列、USB通信
自動プログラム運転

エアー圧力制御はアナログなので、詳細な設定ができない・再現性も悪いのでモータを使用して電動化したい。

2019年12月4日 水曜日

 

エアー圧力制御のデメリットとしては、

  • 詳細な設定ができない
  • 再現性が悪く、設備間でバラツキがでる
  • エアー関連の周辺機器(コンプレッサー、配管等)が必要になる
  • コストやスペースが増える傾向にある
  • メンテナンス性も悪い

が一般的に言われています。

デジタル制御であるモータ電動化によるメリットは、

  • 定格トルク100%に対して、0.1刻みの設定ができる
  • 詳細な設定が可能なので、再現性も高くなる
  • モータの電流値でトルクを制御している精度高く制御できる
  • パラメータで設定値を一括管理できる

上記の通りです。

押し当て制御

ヒータの上下動を、エアー制御からモータ電動化した事例。

トルル制限押し当て制御

「押し当て(トルク制限)制御:位置モード」は、モーターに流す電流を制限することで、モーターの発生トルクを一定以下に制限する「リミット機能」のことです。

設定位置に動作させる時に使用されます。その時、設定トルク以下に制限されるので、設定を超えてトルクがかかることはありません。

 

 

ST-Servoシリーズ

ST-Servo
SPL

ST-Servo SPL

パルス列、RS485シリアル通信
自動プログラム運転

ST-Servo
CMB

ST-Servo CMB

RS485シリアル通信
自動プログラム運転

ST-Servo
BSL

ST-Servo BSL

パルス列、USB通信
自動プログラム運転

発熱対策をしたいのですが、低発熱のステッピングモータはありますか?

2019年9月5日 木曜日

 

エンコーダ付きステッピングモータ(ST-Servoシリーズ)では、負荷状態により最適に電流を制御しているためモータの発熱(低発熱)が少ないです。

 

 

ST-Servoシリーズを使用して頂くことによって、発熱対策が可能になります。

 

ステッピングモータ低発熱

ACモータ(トルクモータ)とST-servoでロープを引っ張り合い、釣り合う付近で停止させ、30分程度放置。両モータの温度・消費電力を測定

 

 

ST-Servoシリーズ

ST-Servo
SPL

ST-Servo SPL

パルス列、RS485シリアル通信
自動プログラム運転

ST-Servo
CMB

ST-Servo CMB

RS485シリアル通信
自動プログラム運転

ST-Servo
BSL

ST-Servo BSL

パルス列、USB通信
自動プログラム運転

騒音対策をしたいのですが、低騒音・静音化のステッピングモータはありますか?

2019年9月5日 木曜日

 

エンコーダ付きステッピングモータ(ST-Servoシリーズ)をクローズドループ制御することにより、従来のステッピングモータよりも低騒音・静音化を実現しています。

ST-Servoシリーズを使用して頂くことによって、騒音対策(静音化)が可能になります。

 

低騒音

 

 

ST-Servoシリーズ

ST-Servo
SPL

ST-Servo SPL

パルス列、RS485シリアル通信
自動プログラム運転

ST-Servo
CMB

ST-Servo CMB

RS485シリアル通信
自動プログラム運転

ST-Servo
BSL

ST-Servo BSL

パルス列、USB通信
自動プログラム運転

振動対策をしたいのですが、低振動(振動・共振が少ない)なステッピング・モータはありますか?

2019年9月5日 木曜日

 

エンコーダ付きステッピングモータ(ST-Servoシリーズ)をクローズドループ制御することにより、従来のステッピングモータよりも低振動・共振レスを実現しています。

ST-Servoシリーズを使用して頂くことによって、振動対策が可能になります。

 

低振動

 

 

ST-Servoシリーズ

ST-Servo
SPL

ST-Servo SPL

パルス列、RS485シリアル通信
自動プログラム運転

ST-Servo
CMB

ST-Servo CMB

RS485シリアル通信
自動プログラム運転

ST-Servo
BSL

ST-Servo BSL

パルス列、USB通信
自動プログラム運転

振動対策に対するFAQ

 

ステッピングモーターの発熱は、どう抑えたらいいですか?

2019年7月5日 金曜日

 

オープンループのステッピングモータを使用している場合は、モータの発熱は多い。

ステッピングモーターの発熱を抑える場合は、クローズドループステッピングサーボシステムを使用すると発熱量が抑えることができます。

高分解能エンコーダ(□25 9,600ppr、□42 □56 16,000ppr)を採用したクローズドループステッピングサーボシステムST-Servoは、負荷状態により最適に電流を制御しているため、モータの発熱が少ない。

 

低発熱 他社比

アプリケーション -ワーク整列

2019年4月24日 水曜日

お問い合わせはお気軽に!