ステッピングモータでサーボ制御、中空ロータリー・アクチュエータ ステッピングモータでサーボ制御 中空ロータリー・アクチュエータ

ST-Servoの特徴

  フルタイムクローズ
(モード0)
クローズ/オープン併用
(モード1)
フルタイムオープン
(モード2)
停止精度
高速回転
位置偏差追従性 ×
位置決め整定時間
ハンチング
脱調
共振
省電力
低発熱
入力パルスに対する一致度
トルク制御 × ×
押し当て制御 × ×
静音 ×
瞬時トルク(位置制御) ×
オープン/クローズドの
切り替えポイント(速度域)
なし
(全速度域)
速度域を任意に設定 なし
(全速度域)

特徴1クローズドループ型ステッピングシステム

  クローズドモード デュアルモード  

当社コア技術であるサーボ制御技術でエンコーダ付ステッピングモータをクローズドループ制御する事で、ステッピングモータの決定である脱調、乱調、共振、騒音現象を大幅抑制。これまでのステッピングモータの領域を超えるクローズドループ型ステッピングシステム。

高額なACサーボドライバと同じように、位置制御、速度制御、トルク制御、押し当て制御(位置、速度)が可能。

一般的なオープンループ型ステッピングシステム

一般的なオープンループ型ステッピングシステム

弊社 クローズドループ型ステッピングシステム

弊社 クローズドループ型ステッピングシステム

特徴2トルク制御、押し当て制御(位置、速度)も可能

  クローズドモード デュアルモード  

位置制御、速度制御、押し当て制御、トルク制御ができます。それぞれの制御モードへの切り替えも瞬時にできますのでお客様の装置に最適の制御ができます。

トルク制御

トルク制御

押し当て制御(位置)

押し当て制御(位置)

押し当て制御(速度)

押し当て制御(速度)

特徴3クローズド/デュアル/オープンが選択可能

  クローズドモード デュアルモード オープンモード

クローズド/デュアル/オープンが選択可能

・装置内のさまざな軸に対して、3つのモードで使い分けることによって1種のモータで対応可能
・モーター選定が簡単
・最適な条件設定が可能   装置調整が簡単               制御モード別比較表 ≫

クローズド/デュアル/オープンが選択可能

特徴4高分解能エンコーダと最適な電流制御

  クローズドモード デュアルモード オープンモード

(1) 脱調レス

負荷に応じて最適な電流制御をおこなうため、高効率な運転ができます。

(2) 振動・共振レス

負荷に応じて最適な電流制御をおこなうため、モータの振動・共振が少ない。

モータ振動比較

(3) 静音性

エンコーダが高分解能で、負荷に応じて最適な電流制御を行う為、モータの振動が少なく静音を実現。

モータ振動比較

(4) 低発熱

負荷状態により最適に電流を制御しているため、モータの発熱が激減。

 

(5) 省エネ

負荷に応じて最適な電流制御をおこなうため、省エネである。

ACモータ(トルクモータ)とST-servoでロープを引っ張り合い、釣り合う付近で停止させ、30分程度放置。両モータの温度・消費電力を測定 負荷に応じて電流を制御するST-servoは温度・消費電流とも大幅に低い値を示している。モータサイズも□42と小さい。
トルクモータ、ST-servo

特徴5瞬時トルクが150%まで可能なので、高応答が可能

  クローズドモード デュアルモード オープンモード

デュアル/クローズドモードで、定格トルクの150%(瞬時トルク)が可能

特徴6分解能±1パルスで制御で位置決め精度が高い

  クローズドモード デュアルモード オープンモード

高分解能・光学式エンコーダを採用し、エンコーダ分解能±1パルスで制御する為、位置偏差追従性が高い。

モータサイズ エンコーダ分解能 角度分解能
□25・□28 9,600ppr 0.0375度
□42・□56 16,000ppr 0.0225度

特徴7位置補正機能(オープンモード)を使う事で位置偏差ゼロ停止が可能。

  クローズドモード    

オープンループモードでも、位置補正機能を使う事で位置偏差ゼロ停止が可能。

一般的なオープンルール型ステッピングシステム

一般的なオープンルール型ステッピングシステム

ST-Servo(オープンモード)

ST-Servo(オープンモード)
ハンチング
脱調
停止位置精度(位置補正 無) ±1.8° ±1.8
停止位置精度(位置補正 有) ±1.8°~ ±0.0225°(360/16000)

特徴8位置決め整定時間短縮

  クローズドモード デュアルモード  

デュアルモード(設定速度以下でオープンループ制御に自動切り替え)、オープンモードを選択することで、モータのハンチングを抑える事でショートピッチ送りでのタクトタイムを短縮する事が可能

位置決め整定時間短縮

T:時間  V:速度

特徴9高速域のトルク特性が高い

DC24V,DC48V自動認識 | 入力電源電圧
DC24V,DC48V共用。
DC48Vを使用する事で高速域のトルク特性が向上。

高速域のトルク特性

特徴10瞬時に制御方式を切り替え可能

各制御モードを外部入力により瞬時に切り替える事が可能。
(位置決め、速度、押し当て(位置)、押し当て(速度)、トルク制御)

速度、位置、トルク、押し当て

特徴11多彩な制御インターフェース

上位システムと接続する、多彩な制御インターフェースを搭載

  パルス列 I/O RS-485 USB
ST-Servo BSL        
ST-Servo NTL        
ST-Servo CMB        
ST-Servo SPL        
ST-Servo VCX        
お問い合わせはお気軽に!