ステッピングモータでサーボ制御、中空ロータリー・アクチュエータ ステッピングモータでサーボ制御 中空ロータリー・アクチュエータ

掴む・把持・締める

掴む・把持・締める

掴む・把持・締める

「掴む・把持・締める」の具体的な用途

グリッパー&インデックステーブル
キャップを締める
グリッパー

指定トルクで把持し、大きさも判別

ST-Servoで大きさの違うビー玉を一定のトルクで把持するデモンストレーションです。
位置制御の押し当てで指定トルクに達するまでの移動量を測定し、ビー玉の大きさを判別しています。ビー玉の大きさを画面とランプで表示させています。PCの画面で、指定トルク、指定トルク達するまでの移動量の測定結果を表しています。

ST-Servoシリーズとしての特徴   低振動  
    省電力  
    低発熱  
    静音  
    停止精度が高い ※ステッピング・モータに対して
    位置偏差追従性が良い ※ステッピング(クローズド)に対して
    位置決め整定時間が短い ※サーボ・モータに対して
    ハンチングしないモードあり ※サーボ・モータに対して
    脱調しない(脱調レス) ※ステッピング(オープン)に対して
    瞬時トルク(位置制御) ※ステッピング・モータに対して

導入事例

製品一覧

  • ST-Servo
    BSL

    ST-Servo BSL

    パルス列、USB通信
    自動プログラム運転

  • ST-Servo
    NTL

    ST-Servo NTL

    RS485シリアル通信
    自動プログラム運転

  • ST-Servo
    CMB

    ST-Servo CMB

    RS485シリアル通信
    自動プログラム運転

  • ST-Servo
    SPL

    ST-Servo SPL

    パルス列、
    RS485シリアル通信
    自動プログラム運転

FAQ

お問い合わせはお気軽に!