ステッピングモータでサーボ制御、中空ロータリー・アクチュエータ ステッピングモータでサーボ制御 中空ロータリー・アクチュエータ

トルク制御 FAQ

モータ制御

ステッピングモーターが脱調して同期が失われてしまう、考えられる原因と対策は何がありますか?

ステッピングモーターが脱調して同期が失われてしまう、考えられる原因は何がありますか?

 

通常、脱調する原因は、

①過負荷

②速度が早すぎる

③加減速度が高すぎる

ことが考えられます。

通常はこの状態になるとモータの回転と入力パルス信号の同期が失われて脱調します。

 

対策としては、弊社「ST-Servo」を使用することで脱調レスを実現できます。

「ST-Servo」は、高分解能エンコーダからモータの位置情報を把握して、脱調しそうな状況に

150%の瞬時トルクで位置偏差を限りなくゼロにする。これにより脱調が防げます。

あまりには過負荷、速度が早い場合は、エラーを出力し安全に停止させます。

 

 

 

脱調関連のFAQ

 

ST-Servoシリーズ

ST-Servo
BSL

ST-Servo BSL

パルス列、USB通信
自動プログラム運転

ST-Servo
NTL

ST-Servo NTL

RS485シリアル通信
自動プログラム運転

ST-Servo
CMB

ST-Servo CMB

RS485シリアル通信
自動プログラム運転

ST-Servo
VCX

ST-Servo VCX

パルス列、RS485シリアル通信
USB通信、自動プログラム運転

ST-Servo
SPL

ST-Servo SPL

よくあるご質問を投稿
お問い合わせはお気軽に!